ネット証券No.1☆SBI証券の口座開設&お取引で最大10,300円相当プレゼント!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

貸株と長期保有の注意点

株主優待を設けている銘柄の中には、

「○○期継続保有でプラス××」

なんていう、長期保有株主に有利な株があったりします(・∀・)b


株主優待投資の利回りを上げるためにも、こういった長期保有で利回りが上がる銘柄は長期保有したいところなのですが、注意点があります。




証券会社によっては、「貸株」なるサービスがあるのですが、これがクセ者です。

証券会社によって微妙に制度がことなるのですが、「株主優待自動取得」というシステムがあり、これを選択していると、権利落ち日には自動で貸株を外して、権利をゲット、その後自動で貸株に、という便利なシステムです。


・・・しかし、証券会社によっては、上記の「貸株→保有→貸株」のサイクルの中で株主番号が変わって、実質的に「売却→購入→売却」したことになる証券会社もあります。
(ご利用中の証券会社がどのようなシステムになっているかは各証券会社へ問い合わせした方が安心です。)



この「売却→購入→売却」システムだった場合、株主優待はしっかりもらえるのですが、株主番号が変わっているので、「長期保有」分のプラス部分がもらえません。。。



実際、私もビックカメラで上記の貸株をやってしまい、

「3期継続して持ってるはずなのに優待増えないな~( ´・ω・`)」

なんて状態に陥ってました(泣)


貸株は貸株金利がもらえるので嬉しいのですが、株主優待投資を行う際は上記の点に注意が必要です(・∀・)b

 にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
にほんブログ村
[株主優待] ブログ村キーワード
テーマ : 株主優待
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

Secre


seo great banner
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。